olight5年保証修理

AGECアウトドアにアクセスしていただきありがとうございます。サイト管理人の友人Sです。しばらく記事執筆はやめていますが、ちょっくら簡易更新です。

この間オーライトS20が壊れて修理に出したのでちょっと紹介します。

約5年前に今は無き某フラッシュライト専門店で購入したS20-L2。ずっと愛用してきたライトでこのサイトでも何回か登場してると思います。

友人に貸したら運悪く壊れてしまいました。段々接触が悪くなってきたと言ってましたが返してもらって触ってみると全く動作しないけどスイッチフィールは明らかにおかしい。

それにしてもオーライトで不良とは珍しいもんです。とか言いつつもう一本のS20は購入から約1年で不良が出てましたが苦笑。この間の記事で書いた修理に出して戻って来なかった個体です。

やっぱり電子スイッチはどうしても耐久性が低いですね。やはり軽量化に不利でも耐久性や操作性は物理スイッチが強いですね。

というわけでオーライトの5年保証を試してみることにしました。

購入日:Jan.12,2014

友人から返された日:Jan.5,2019

?!5年保証切れるまであと1週間!

ギリギリセーフか。どこに連絡すりゃいいかもよくわからなかったのでとりあえず中国のオーライト本社にメールを出します。

以下、ざっくりしたメールのやり取り(原文はもっとちゃんとした英語です笑)

S:ライト壊れた。購入がJan.12,2014でまだ5年以内だから保証修理したい。

オーライト:シリアルナンバー教えて。

S:D〇〇××(シリアルナンバー)

オーライト:そのシリアルナンバーだと保証切れてるね。有償修理ならするけど?

S:なんでやねん!サイトにも取説にも購入から5年間は無料修理するって書いとるやん。普通に使ってただけだし正規代理店で買ったんだよ?(保証書画像添付)

オーライト:ごめん、それ保証切れてねえわ。タダで直すからライト送ってくれ。はい、RMAナンバーと送付先ね。修理フォームもPDFで添付したから印刷して記入して一緒に送って。

多くのメーカーで、修理をしてもらうときには勝手にモノを送り付けていいわけではなく、RMAナンバーってのを発行してもらう必要があります。

Jan.16に郵便局で国際書留の航空便で発送。料金は¥600。ついでに追跡番号を連絡するように言われていたのでオーライトにメールします。

Jan.25:オーライトより到着連絡。既に修理中とのこと。さらに返送先を教えてくれと。てか同封した修理フォームにも書いたやん…

Jan.27:修理完了。発送完了。仕事くっそ速え。

28日から旧正月で本社も長期休暇に入ってしまうので特別速く修理してくれたのかもしれません。

Jan.30:手元に戻りました。くっそ速え。

ちなみに、修理済みのライトを確認するとスイッチが変わっています。

以前の樹脂製からS2のようなゴム製に変わりました。他の箇所は変わっていません。てかスイッチだけバラせるんだ

まだ日本支社がないので中国本社まで送り返して少し時間がかかりましたが、最終的には送料¥600だけで無償修理してもらうことができました。まあ、色々とツッコミどころもありますが、全体的にちゃんとしたカスタマーサービスだと思いました。

B2

僕もOlightに修理をお願いしたことがあります。Olight H2Rのターボモードで遊んでたらレンズを溶かしてしまったので、レンズ交換を依頼しました。

Amazon.co.jpのolight ダイレクトから購入したのでメールでそこに連絡。

olightダイレクトからは「新しいものを送る。壊れたものはそのまま使ってくれ」と言われました。日本だと修理体制がないのか、スピードと手間を考えたのか…

交換してもらうのは申し訳ないのでその話は断って、溶けたまま使ってます。

SはOlightの売り方を嫌ってますが、1人のユーザー目線で見るとolightも悪くないと思います。(安いし、性能いいし、信頼性もそこそこあるし、修理対応いいし)

ABOUTこの記事をかいた人

S

ストイックに理詰めで装備システムを構築する実用主義者。ponkyがデザイナーならSはエンジニア(B2は中間でバランス良い)。Sからすれば実用性第一で見た目は二の次のようだ。体力はないが、読図やロープワークは超得意。
イギリス生まれなのにアメリカ英語しか使えない日本育ち。